自由が丘歯科 > 小児のフッ素とシーラント


乳歯や生えたての永久歯は非常にむし歯になりやすいです。なぜかというと、乳歯や生えたての永久歯は、歯の質も弱く、また食事を食べる面の溝が非常に深いため、プラークが沈着しやすいためです。


シーラントとは奥歯の溝を薄いフッ素入りのプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。 奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らずそのために毎日歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがありますが、フッ素の力とシーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。シーラントは特に、生えたての奥歯の虫歯予防に有効です(6~13歳頃)。

歯ブラシが上手にできていることが前提になりますので、歯ブラシ指導が必要な時もあります。

一般歯科、小児歯科、口腔外科
インプラント、歯周病、予防歯科
入れ歯、審美歯科、矯正歯科
歯科用CT
マイクロスコープ完備
顕微鏡歯科治療

キッズルームあります
<各種保険取扱>
駐車場 有
ご予約時にご確認下さい

診療時間


 9:30 - 13:00
14:30 - 19:00

ご予約・ご相談は
03-3721-1801

自由が丘歯科